Login Search
Menu
DRESS Magazine

【プロに聞きました!】ドレスのサイズを確認するポイント

ウエディングドレス/カラードレス

ドレスショップで試着をした際、また自宅試着にチャレンジした際に湧いてくるのが「このドレスのサイズは私に合っているの?」という疑問。 ドレスを着ることはできても、サイズが合っているかどうかは、なかなか素人では判断することができません。

そこで、サイズが合っているかどうかを確認するポイントを、天使の工房 アトリエアンさんに細かく教えていただきました!
これからドレスを試着しようとしている方、必見です!

Contents

  1. サイズの確認ポイント
    1. 胸元・デコルテ
    2. 脇・背中
    3. ウエスト・お尻
    4. スカート
  2. ドレスを美しく着るポイント
    1. 下着
    2. 姿勢
    3. 歩き方
  3. 教えてくれたドレスショップ

サイズの確認ポイント

胸元・デコルテ

まずは胸元、デコルテから。高砂に座っている間は、特に目立つ部分になります。

胸元が開いているデザインのドレスの場合は、うつむいた時に胸が横から見えないかをチェックします。
当日に気になって動きにくくならないように、十分チェックすることをおすすめします!

ノースリーブの場合は、肩からアームホール(袖口)にかけて、たるみが無いかをチェックしましょう。
たるみがある(布が余っている状態)と、アームホールから胸元が見えてしまったり、袖口が二の腕にずれていってしまう可能性があります。

ウエディングパークドレスのクチコミより

最近ではビスチェタイプに、オーバーブラウスを着用して長袖にイメージチェンジをする方も多いですが、オーバーブラウスにも余計なたるみが無いかを確認しましょう。

ここまで3点ご紹介しましたが、共通しているのは「大きすぎる」とたるみが出てしまい、美しく着れなくなってしまうということです。

ウエディングパークドレスのクチコミより

ロールカラーの場合は、ロールカラー部分が肩回りと合っていないと、しわが多く目立つようになってしまいます。 (特にロールカラーが小さいときに目立ちます)

しわが目立つことなく、かつ腕も無理なく動かせるかを確認しましょう。

脇・背中

ウエディングパークドレスのクチコミより

続いて脇。背丈が合っていない場合、ビスチェ部分が腰骨にあたり、脇にたるみが出ます。 腰骨から脇にかけて、たるみなくフィットしているかを確認しましょう。

ウエディングパークドレスのクチコミより

背中に関しては、ドレスが小さすぎると、背中のお肉や胸がドレスに乗ってしまう場合があります。

もちろん結婚式に向けてダイエットにチャレンジするのも大事ですが、無理のない着用をするために自分にあったドレスのサイズを探してみましょう。

ウエディングパークドレスのクチコミより

脇の大きく開いたノースリーブなどは、ビスチェの上側だけでなく、脇などにもお肉がはみ出してないかを確認しましょう!

ウエディングパークドレスのクチコミより

背中も重要なポイントです! ノースリーブや半袖などの場合、背中部分の布地にたるみが無いかを確認しましょう。
(前かがみになってみたり、後ろに沿ってみたりして、動きにくさがないかも確認すると安心です!)

編み上げタイプのドレスの場合は、ひもの内側にある背あてがずれていないことを確認しましょう。 また、着ている間にひもは少しずつ伸びてくるので、最初はきついと感じるくらい、強く閉めておくと丁度良いですよ。

ウエスト・お尻

ウエディングパークドレスのクチコミより

ウエストはとてもシンプルで、細く美しく見えるかどうか!
サイズが大きすぎてたるんでいたり、反対に小さくてシワが寄っていると美しく見えません。

ウエディングパークドレスのクチコミより

お尻も同様で、ヒップラインがフィットしているかを確認しましょう!

スカート

ウエディングパークドレスのクチコミより

スカートが長すぎると、すそにたるみが出てきます。
ヒールの高い靴を履くことである程度カバーはできますが、あまり高いヒールを履いてしまうとせっかくの式を思いっきり楽しめない可能性も。

自分の歩きやすいシューズを選べるようにするためにも、スカートの長さもチェックしておきましょう。

ドレスを美しく着るポイント

さて、ここまでサイズの確認ポイントをお伝えしてきましたが、ドレスを美しく着るには「下着」「姿勢」、そして「歩き方」が重要です。

下着

コンプレックスをカバーするドレスを選んだり、自分に合ったサイズを選ぶのはもちろんですが、ドレスを美しく着るために最も重要なのは「下着」です。

自分の胸よりも大きめのカップの下着を用意することも少なくはないですが、胸元がカパカパと浮いてしまうことも。

プロの手を通してアドバイスをしてもらい、適切な下着を選ぶことが美しいドレス姿への近道です。

姿勢

また、ドレスを美しく着こなすためには、「姿勢」や「所作」も勉強しておくと良いでしょう。 結婚式当日は、慣れないドレスと緊張感から、直立不動になってしまう花嫁さんもたくさんいます。

美しいドレス姿のポイントは
・少し姿勢を崩し
・少しななめを向いて立つ
の2点。そうすると、細く見えるのです!

そのとき、あまり肩を後ろに引きすぎないように注意をしてくださいね。 (姿勢を良くしようと肩を後ろに引きすぎると、顔が大きく見えてしまいます)

姿勢を良くしようと張り切るよりも、「だらしなく偉そうに立ち、胸を天に向けるイメージ」の方が美しく見えるそうですよ!

歩き方

最後に歩き方ですが、よくドレスショップでは「ドレスのスカートを蹴って歩くように」とアドバイスをされますが、まるで兵隊のようになってしまい、実は美しくありません。

試着時に「歩きやすさ」もチェックできると良いですね。

教えてくれたドレスショップ

今回、ドレスのサイズについて細かく教えて下さったのは、天使の工房 アトリエアンさん。

アトリエアンさんは、デザインから縫製までをすべて自社で行っている販売専門店で、なんと10万円台から購入が可能です。またスタッフの皆様の親切さ、あたたかさが魅力です。 (詳しくは、クチコミをご覧ください☆)

理想の1着をアトリエアンさんで見つけてみてはいかがでしょうか。歩き方や立ち姿のアドバイスもあるそうです!

Brand

天使の工房 アトリエアン(atelier ange)

「レンタルでも高いから作ったらもっと高いかも…」と思っていませんか? アトリエアンは、デザイン・素材の手配・縫製をすべて自社で行っているドレスメーカーのため 『10万円台からマイドレスを作れる』販売専門店です。 高品質でリーズナブルにドレスをご提供できます。 『できない』と言わない。 花嫁さんの夢をかなえる ◆アレンジが自由自在 ◆体にぴったりのドレスを作れる ◆どんな些細なことでも質問できるようにコミュニケーションを大事にしている 大好きな人と挙げる結婚式で、大好きなドレスを着てほしい それがアトリエアンの想いです。

このブランドを見る

天使の工房 アトリエアンさんの公式インスタグラムもチェック!

いかがでしたでしょうか。
自分に合ったサイズのドレスを探すだけでなく、当日を美しくいるための姿勢や歩き方までしっかり学ぶことが、理想の花嫁になるヒントになります。

素敵な1日を、楽しく過ごせるよう、たくさんのドレスを試着してみてくださいね。

ページトップ